Wed, Aug 03

  • 10:43  メモ:著名な彫刻家の遺族は、ある一時期(おそらく平成初期)に型から再度鋳造した作品を市場に放流していたことがあったようです。(加藤顕清)身も蓋もない表現ですが、資本主義と法人制度の谷間で薄まる意図主義が確認されます

Powered by twtr2src